RDC 管理栄養士センター

Registered Dietitian Center


小社発行書籍の正誤情報を掲載しております。混乱を招きましたことをお詫び申し上げます。

最終更新日:2017/03/13

印刷用PDFファイル

国試の麗人

p.340 29-53 解説(1)
×(1) 不飽和脂肪酸の構成割合が大きくなると、~
×(1) 飽和脂肪酸の構成割合が大きくなると、~
p400 29-62 選択肢(4)
(4) 天然香料は、指走添加物に含まれる。
(4) 天然香料は、指定添加物に含まれる。
p407 <保健機能食品の特徴> 表1行目の栄養機能食品
ミネラル5種、ビタミン12種のいずれかの成分を含む食品
ミネラル6種、ビタミン13、n-3系脂肪酸のいずれかの成分を含む食品
p792 [栄養士法の歴史的返還] 表2行目
1967年(昭和37年)
1962年(昭和37年)
p835 26-165改 解説(3)
○(3) 栄養素の摂取不足を防ぐために、目安量付近かそれ以上であれば、その摂取量を維持することを目的に計画を立てます
○(3) 栄養素の摂取不足を防ぐために、目安量を用いて計画を立てる場合は、摂取量の中央値が目安量付近かそれ以上であれば、その量を維持するための計画を立てます
p951 ネフローゼ症候群
1 多量の蛋白尿:1日3g以上
1 多量の蛋白尿:1日3.5g以上

国試の達人

p38 最上段
特特定健康診査・特定保健指導
特定健康診査・特定保健指導
p39 保健指導対象者の選定と階層化 表、ステップ2、①血糖
~b HbA1cの場合5.2%以上又は~
~b HbA1cの場合5.6%以上又は~
p83 2 気道異物の除去
(3)反応がない場合は、心停止に対する心配蘇生を行う。
(3)反応がない場合は、心停止に対する心肺蘇生を行う。
p173 下から14行目
栄養機能食品は、栄養機能表示できないビタミンがある(ビタミンK)。28A-67
全文削除します
p214 ○[基礎代謝に及ぼす因子]
2~3歳がピークで以後減少
1~2歳がピークで以後減少
p222 (3)妊婦・授乳婦の食事摂取基準 ビタミンD(縦項目)、授乳婦(横項目)
+8.0μg/日(目安量)
8.0μg/日(目安量)
p232 (ウ)葉酸 表 30~49歳(縦項目)、耐容上限量(横項目)
1,00
1,000
p240 下から8行目
・後期高齢者への、生活機能低下の早期対応を目的とした介護予防教育は、次予防である。28B-106
・後期高齢者への、生活機能低下の早期対応を目的とした介護予防教育は、次予防である。28B-106
p278 上から2行目
・チアゾリジンは、インスリン抵抗性を改善する。30B-124
・チアゾリジンは、インスリン抵抗性を改善する。30B-124
p328 下から5行目
・都道府県は都道府県食育推進基本計画の作成の努力義務がある。
・都道府県は都道府県食育推進計画の作成の努力義務がある。
p328 下から4行目
・市町村は市町村食育推進基本計画の作成の努力義務がある。
・市町村は市町村食育推進計画の作成の努力義務がある。
p329 上から9行目
・国の食育推進会議の会長は、内閣総理大臣である。27B-159
・国の食育推進会議の会長は、農林水産大臣である。27B-159
p359 下から7行目
・特定保健指導の実施率は、アウトプット評価評価に用いる指標である。30B-159
・特定保健指導の実施率は、アウトプット評価に用いる指標である。30B-159
p365 下から14行目
・食事の提供療養の費用は、1食につき算定する。28B-173
・食事の提供たる療養の費用は、1食につき算定する。28B-173

でるでる国試

表紙
ファイナルチェック101
ファイナルチェック119